TOP > 太陽光発電がいいワケ > 太陽光発電のしくみ
太陽光発電がいいワケー太陽光発電の基礎知識
安心でエコな生活実現のためには自然エネルギーへの移行が大きなポイント。
家庭でも簡単に発電できてCOを削減できる太陽光発電はエコロジーと節約を両立する
エネルギーシステムです。
「太陽光発電」のしくみ
  • 最高水準の保証体制

    損害保険会社との連携によりで、最高レベルの総合保証システムをご提供します。

  • 世界的実績を持つ高品質

    CEなど品質要求の高いヨーロッパの基準をクリアし、多くの実績があります。

  • 高いコストパフォーマンス

    「品質/価格」率を高め、リーズナブルな価格でベストパフォーマンスを実現しました。

  • 世界トップレベルの部品を使用した高品質な太陽電池モジュール。長期間安定して発電し続けます。屋根等に取り付け、太陽からの安定した自然エネルギーを受け取り、直流電力を発電します。

  • 複数の太陽電池モジュールからの配線をまとめてて、パワーコンディショナに送ります。

  • 太陽電池モジュールで発電した直流電力を家庭用の交流電力に変換します。

  • 発電量や電力使用量・売電量の他、CO2削減量や前年同月との比較なども見られ節電やエコロジーが実践できます。

  • 売る電力と買う電力を測ります。

エコロジー&エコノミー

※アップソーラー太陽光発電システム4.4kWシステム導入時の年間予測発電量全国10都市(15ページ参照)の平均値約 4,970kWhの発電量で自宅使用を50%、売電を50%の場合。

※年間光熱費250,000円(電気ガス併用)で電力使用料金25円/kWh、売電料金28円/kWh。

※オール電化導入後の年間光熱費は160,000円として算出しています。

※太陽光発電およびオール電化を導入した場合、光熱費削減は目安であり実際とは異なります。

※換算電気料金は目安であり実際の売電電力料金とは異なります。

※当社光熱費シミュレーションにより算出された削減率の目安であり、実際とは異なります。

※【買取価格】※2017年5月末日時点

①10kW未満:28円(税込)/kWh (東京・中部・関西電力管内での価格 買取期間:10年)

②10kW未満:30円(税込)/kWh (その他の電力会社管内での価格 買取期間:10年)

③10kW以上2,000kW未満:21円+税/kWh(全ての電力会社管内での価格 買取期間:20年)

※10kW未満のW発電(自家発電設備等併設)の場合は、①:25円(税込)/kWh、②27円(税込)/kWhとなります。

※太陽光発電促進付加金(太陽光サーチャージ)を電力使用料に応じてご負担頂きます。

詳しくは各電力会社にお問い合わせください。

※東京、4.4kWシステム、真南向き設置、30°勾配の場合。システムの容量はJIS規格に基づいて算出された太陽電池モジュールの公称最大出力の合計値です。

※電力会社が1kWの電力を発電する際のCO2排出量を418g(平成24年度環境省発表資料による平成20年度の電気事業者の実排出係数の平均値)、太陽光発電によるCO2排出量を45.5gとして計算しています。

※実際に使用される電力量や発電量により削减量は異なります。

※年間予測発電量は、システム容量を4.4kW、 設置地域を東京都府中市、設置方向を真南、設置角度を30°とし、「NEDO1981〜2009年間月別日射量データベース」地域別日射条件、地域別温度 条件と当社算出のシステム損失を用いて求めた見込みの数値です。実際に使用した時の発電量は、日射量や設置条件(方位・角度・周辺環境など)によって 異なります。

※「地球温暖化防止のための緑の吸収源対策」(環境省)より、スギ1本に吸収される二酸化炭素の14kg-CO2/年としています。